「日本も核武装すべきか」という問いが投げかけられる。政府がもしその決断をしたら日本を取り巻く戦略環境はどのように変わるのか。本書はそのシミュレーション小説としても読める。

http://www.asagumo-news.com/homepage/htdocs/bookreview/2016/161110a.html

大きな嘘、虚構を、まるで本当のことのように読ませるのが高嶋作品の凄さだと思う。
エンタメ作品としては極上。

https://bookmaria.com/kaku/

本作は単にサスペンスとして楽しんでも面白いが、近い将来のシミュレーション小説としても十二分に堪能できる作品で、読んだ後の満足感は高い。

https://s.webry.info/sp/higulin.at.webry.info/201611/article_34.html